ホーム 製品紹介 ダウンロード ライセンス購入 問い合わせ

LAG MIRROR 概要


LAG MIRRORは、webカメラの映像を遅く表示することで
数秒前の自分の姿を確認することができるソフトウェアです。

通常の鏡では確認しにくい自分の後姿などを見ることができます。
フリーソフト
LAG MIRRORは基本的にフリーソフトですので制限無くご使用いただけますが
有料のライセンスキーを購入していただくことで
テレビジネスの広告表示を非表示にすることが可能です。

使い方
LOGICOOL HDプロ ウェブカム C920 一例をもとに使用方法の手順をご紹介します。

動作確認に使用したカメラは
ロジクール HDプロ ウェブカム C920
ロジクール ウェブカムプロ 9000 QCAM-200SX

C920ではフルハイビジョン画質(1920x1080)で動作することを確認しております。

まずはじめに、WEBカメラとパソコンを接続し、
WEBカメラが動作することを確認してください。

WEBカメラが動作することが確認できたら
LagMirror.exeよりアプリケーションを起動してください。

画像を拡大
複数のWEBカメラが接続されている場合は
「デバイス選択ウィンドウ」が表示され、
どのカメラを使用するか選択してOKボタンを押してください。

画像を拡大
「プロパティウィンドウ」より録画する映像の大きさ等を選択してOKボタンを押してください。

設定例: 640x480 30fps

PCのスペックや環境によって
映像サイズを大きくしたりフレームレート(1秒間に撮影する枚数)を多くしたりすると
メモリ使用率が100%になってしまいます。
映像サイズを小さくするかフレームレート(FPS)が少ない設定にすると
使用率を減少させることができます。

画像を拡大
映像を記憶するため数秒お待ちください。

画像を拡大
以下のいずれかの方法で映像が遅れる時間を変更することが出来ます。
・メニュー>遅延>1〜10秒遅延を選択
・キーボードの1キーから9キーまでのいずれかを押下する

現在設定されている遅延時間についてはタイトルバーに
「LAG MIRROR - ○秒遅延」と表示されます。

画像を拡大
以上で設定は完了です。
WindowsXPで正常に動作しない場合
以下をインストールして再度お試しください。
Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ
Windows7で正常に動作しない場合

画像を拡大
実行ファイル「LagMirror.exe」を右クリックし、
メニューから「管理者権限で実行」を選択してください。

画像を拡大
2回目以降の起動は通常通り
実行ファイル「LagMirror.exe」をダブルクリックするか
右クリックし、メニューから「開く」で起動できます。

セキュリティの警告ダイアログが表示される場合は
「このファイル開く前に常に警告する」のチェックを外すことで
次回以降表示されなくなります。

「LagMirror」の実行ファイル等を別の場所に移動させたりすると
再びエラーが出る可能性がありますので
その際はもう一度同様の操作を行ってください。
  • 遅延時間の変更
    以下のいずれかの方法で映像が遅れる時間を変更することが出来ます。
    ・メニュー>遅延>1〜10秒遅延を選択
    ・メニュー>遅延>数値入力を選択
    ・キーボードの1キーから9キーまでのいずれかを押下する

  • 終了方法
    以下のいずれかの方法でLAG MIRRORを終了させることが出来ます。
    ・アプリケーションウィンドウ右上「×」ボタンから終了
    ・タイトルバー右クリックメニューから「閉じる」を選択して終了
    ・タスクトレイのLAG MIRRORアイコンを右クリックからメニューを表示して「終了」を選択して終了

  • ウィンドウ表示方法
    LAG MIRRORはウィンドウを最小化するとタスクバーには表示されなくなります。
    再度ウィンドウを表示させるにはタスクトレイ内のLAG MIRRORアイコンを左クリックするか
    タスクトレイのLAG MIRRORアイコンを右クリックからメニューを表示して「表示」を選択してください。

  • ウィンドウサイズ変更
    ・LAG MIRRORのウィンドウサイズはフレームをドラッグすることにより自由に変更することが出来ます。
    ・メニュー>ウィンドウより倍率を選択することで
    キャプチャ映像の元サイズの半分サイズ、等倍サイズ、2倍サイズに自動調整できます。

  • フルスクリーンモード
    以下のいずれかの操作をすることでLAG MIRRORをフルスクリーンモードで動作させることが出来ます。
    同様の操作でフルスクリーンモードを終了することも出来ます。
    キャプチャ映像のサイズが大きい場合フルスクリーンモードに切り替わるのに時間がかかる場合があります。
    ・映像ウィンドウ上でダブルクリックをする
    ・アプリケーションウィンドウがアクティブな状態でキーボードの「ESC」「Enter」のいずれかを押下する
    ・メニュー>ウィンドウ>フルスクリーン表示を選択
    フルスクリーンモードからの復帰方法
    ・キーボードの「ESC」「Enter」のいずれかを押下する
    ・映像ウィンドウ上でダブルクリックをする
  • 2016.7.15 ver. 1.30
    軽微な問題を修正しました。
  • 2016.6.02 ver. 1.21
    起動時にフルスクリーン表示できるように設定を追加しました。
  • 2012.11.03 ver. 1.20
    遅延時間を最大60秒まで設定できるようにしました。
    メモリ容量が少ないPCでも動作するよう圧縮モードを作成しました。
    MJPEG形式のカメラにも対応するように修正しました。
  • 2012.07.10 ver. 1.16
    環境によって正常に終了しない場合がある不具合を修正しました。
  • 2012.07.04 ver. 1.15
    LOGICOOL HDプロ ウェブカム C920 フルハイビジョンで動作することを確認しました。
  • 2010.08.05 ver. 1.15
    表示される画像を差し替えられるようにしました。
  • 2010.08.05 ver. 1.13
    軽微な問題を修正しました。
  • 2010.06.25 ver. 1.13
    フォントの処理に不備があり長時間使用すると画面が乱れる不具合を修正しました。
  • 2010.06.16 ver. 1.11
    一部カメラで動作しない不具合を修正しました。
  • 2010.06.02 ver. 1.10
    公開開始
CPU Core2Duo以上推奨
RAM 1GB以上推奨
HD空き容量 1GB程度
OS Windows2000・XP・Vista
■LAG MIRROR ライセンス
備考 : WEBカメラ用遅延再生ソフト
単価 : ¥2,980 (税込み)
数量 :

ライセンス購入について
  • 当社の製品はダウンロード販売のみとなります。
    ダウンロード販売は、ライセンスキーのみの販売となりますので、
    製品パッケージおよび製品CD-ROMや製本されたマニュアルは
    お手元には届きませんのであらかじめご了承ください。
  • ライセンス購入をご希望の方は下記フォームに必要事項をご記入の上送信してください。
    後日、当社より支払方法等についてご連絡差し上げます。
  • 以下のABいずれか1つの条件で使用することができます。
    A:1ライセンスにつき1人の使用者のみが3台までのコンピュータにインストールして使用できる。
    B:1ライセンスにつき1台のコンピュータのみにインストールし、複数の使用者が利用できる。
  • ライセンスおよびライセンスキーの公開、販売等を一切禁じます。
    ライセンスの譲渡に関しましては譲渡先の情報を登録していただく必要があります。
  • ライセンス購入は、ユーザーサポートや今後のバージョンアップを保証するものではありません。
    体験版にて機能や操作性等を、充分に納得された上で、ご購入ください。
見積書・領収証の発行について
  • 領収証が必要な場合
    ご注文時、買い物カゴの「連絡事項欄」に下記の例をご参考に、
    必要事項をご記入の上ご注文をお願いします。
    領収書は後日郵送いたします。
    -------------------------
    例) 領収書希望
    日付:平成○○年○月○日
    名前:株式会社○○
    但し書き:パソコンソフトライセンス代
    郵送先:〒○○ ○○県○○市○○ ○○会社 ○○宛
    -------------------------
  • 見積書が必要な場合
    ご注文時、買い物カゴの「連絡事項欄」に下記の例をご参考に、
    必要事項をご記入の上ご注文をお願いします。
    見積書は別途、電子メールへPDFファイルとして添付いたします。
    -------------------------
    例) 見積書希望
    会社・学校・団体名:株式会社○○
    担当者様名:○○
    -------------------------